探偵の調査では通話履歴から浮気の証拠をつかめるのか?

探偵の調査では通話履歴から浮気の証拠をつかめるのか?

[char no=”3″ char=”相談者”]相手が浮気しているかどうか、通話履歴から知ることはできますか?[/char]
パートナーの浮気を疑ったとき、どこから証拠を見つけようとしますか?現在は、SNSが普及し利用しやすいことから、浮気の温床とも言われています。証拠を調べるために通話履歴やメールを見るとなると、パートナーの携帯電話やスマートフォンを調べる方法があります。通話履歴から浮気の証拠はつかめるのでしょうか?

スポンサーリンク

携帯電話の通話履歴からわかることは?

通話履歴は、通信記録でしかないため、これだけで浮気の証拠とすることはできません。通話くらいなら友人同士でもしますし、それだけで肉体関係があったかなどの浮気の要素はわからないからです。しかし、浮気相手を知る手段にはなります。

番号を登録しているときは、そのまま異性の名前という分かりやすい登録ではなく、実際には存在していないお店の名前や会社名、非通知設定などがされていることがほとんどです。

浮気していることを隠すためのカムフラージュではあり名前を特定するのは難しいですが、着信があった時間や通話の頻度などで浮気相手を把握していけます。

探偵は通話履歴から相手を特定できる?

探偵会社によっては、「携帯番号から浮気相手の特定、調査をします」とうたっているところはありますが、これらで得た情報の多くは違法手段により入手したものです。違法に得た情報は証拠として通用せず、何より違法行為をする探偵会社は信用できません。

きちんとした探偵会社ならば違法行為は絶対しないため、探偵会社を選ぶときは慎重に選びましょう。ただし、怪しいと思う番号を見つけたら、SNSで検索して特定することは可能です。怪しい、不自然な番号はないか、また不自然に削除されている箇所はないかなど見てみましょう。

削除された通話履歴をチェックする方法は?

発信した相手の番号と発信日時がわかるものとして、通話明細があります。

通話明細と照らし合わせてみて、明細に記載されている番号が、携帯から削除されていた場合は疑わしいです。しかし、それだけで必ずしもその番号の人が浮気相手だと断言することはできません。
不自然に削除されている番号があることに加え、他にも不審に思うことがあるのならば、探偵に調査を依頼すると正確な情報を得ることができます。

携帯やスマートフォンから浮気が発覚することも多いため、パートナーの携帯電話を持つときの様子などもしっかり見ておくことなどで浮気の確信を得られたり、防げる効果もあったりします。

確かな情報を求めるときには探偵に依頼をして正確な情報を調査してもらうとよいでしょう。

iPhoneやandroidの復元方法

浮気をしている立場からすると、やましいことをしている意識があるため、ばれないようにメールや通話履歴を削除することはあります。
ところが、削除されてしまった通話履歴を復元することは可能なのです。復元方法は、iPhoneの場合、Dr.Fone for iosというiPhone復元ソフトを利用することで通話履歴の復元ができます。
このソフトであれば、通常復元は不可能であるショートメールの復元もできます。使用方法はソフトをパソコンにインストールしてパソコンとiPhoneをつなぐだけです。このソフトは有料ですが、浮気の証拠を絶対つかみたいという方にはおすすめです。

一方、androidの場合は【android 復元】という有料のソフトをパソコンにインストールし、androidとつなぐだけで通話履歴だけではなく、写真やメールなどの復元も可能です。ただし、復元で得た証拠は浮気のチェック材料とはなりますが、裁判等の法的な証拠としては効果を持てないため、これらで得た情報を持って探偵に調査を依頼することがおすすめです。

携帯会社から通話明細を取り寄せる

どんなに注意深く浮気を隠すような人であっても、通話履歴やメールを削除し忘れるということもありますし、最初は注意深く削除していても、慣れてくるとだんだんと注意深さが欠けてくることもあります。相手が油断しているときを狙って、通話履歴などチェックしてみましょう。

しかし、ロックが掛けられているためどうしても見られないときは、通話明細を取り寄せる方法があります。

通話明細は各携帯会社が発行しています。契約名義が、例えば家族割りなどの契約をしていると名義が自分であると取り寄せ可能です。発行手数料は微々たる金額であるため、パートナーにも取り寄せたことは気づかれにくいでしょう。

しかし、契約名義が自分以外の名前であった場合、最近ではWEB上で通話明細サービスに登録する必要があり、IDとパスワードを入力しないといけないため取り寄せは難しいでしょう。また携帯ショップの窓口では、本人の意思を確認するために委任状の提出を求められます。名義が別の場合には、パートナーの通話明細を取り寄せるのは難しいでしょう。

通話履歴以外で浮気を知る手掛かりは?

浮気を知る手掛かりとして、通話履歴以外にレシート、ツーショット写真、音声、メールなどが考えられます。もしパートナーが喫煙者なら、使用しているライターやマッチにホテルのロゴが入っていないかチェックしてみましょう。

クレジットカードの明細からも、利用場所などから証拠を手に入れることができるかもしれません。

また車の中で知らない香水の匂いがしないか、助手席のシート位置に変わりはないか、自分や家族以外の女性のものらしい髪の毛はないか、ふだんパートナーが行かないようなお店のポイントカードはないかなども要チェックです。

SNSを利用する人であれば、LINEやFacebookなども確認してみましょう。

ひとつひとつのチェックは地道なことですが、このような積み重ねで相手を追及することが可能となり、また裁判で有利にたつことができます。もちろん、自分でできる証拠集めは時間的にも労力的にも限界はありますが、集めた証拠をもってあとは探偵に依頼することで、より確かな証拠を得ていくことが可能です。

SNSやメールでのやり取りの記録


最も浮気の証拠を得やすいものとして、SNSやメールのやり取りが挙げられます。文字として画面に残るため、浮気相手との関係性が分かりやすいとも言えます。

では、探偵が浮気調査としてSNSやメールの記録をすることはできるかというと、これはできません。通常メールの設定はIDとパスワードが必要で、これは本人しか知らないものです。もしこのIDやパスワードを不法に入手しメールやSNSを見たとなれば、不正アクセスとして違法になります。

また、SNSやメールの記録を自分で入手したところで、これは浮気の証拠にはなりません。これらだけでは、いくらでも言い逃れできてしまうからです。法的にも浮気の証拠として認められるものは、例えば二人がホテルに入っていき、数時間後に出てきたなど、肉体関係を窺わせるものが一度だけでなく、複数回あったという証拠がなければ立証されません。

しかし、立証するために自分で証拠をおさえるには、「時間」「労力」「リスク」が高いため、実質的には困難です。したがって、プロである探偵に依頼することをおすすめします。

携帯電話に残る不自然な痕跡

浮気の証拠は携帯電話から発見されることが多く、そのため、浮気の確認をするには携帯電話をチェックすることが一番手っ取り早い方法でしょう。

メールはSNSの利用が増えたため減少傾向にはありますが、しかしまだまだメールを使っている人も多くいます。確認するときは送信メール、受信メールもチェックしてみましょう。なおガラケーの場合は件数に上限があるため、不自然に削除されているところはないかなども確認してみましょう。

現在多くの人が利用しているLINEは、メッセージが届くと端末の画面にポップアップされ、内容の一部が表示されます。以前はポップアップされていたのが、急に表示されなくなったということはないでしょうか。

またトーク画面での不自然な削除があるようなら、アルバムやノートなども確認してみましょう。浮気相手との写真が保存されているかもしれません。友達リストにはなくても、非表示にすることも可能なため、非表示リストも確認してみるとよいでしょう。

携帯電話やスマートフォンにはたくさんの情報がつまっており、スマートフォンであればいろいろなアプリもあります。つまり浮気をするのに都合のいいアイテムであると言えます。

逆にいえば、もし浮気をしているのであれば、そこには何らかの浮気の痕跡が残されている可能性が高いでしょう。もしパートナーの浮気を疑うのならば、携帯電話をチェックしてみると、浮気の兆候や証拠を発見できるかもしれません。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・携帯にはたくさんの個人情報が入っているため、浮気の痕跡を見つけやすい
・携帯の通話履歴やメールだけでは、浮気をしていたという状況は把握できても証拠とはならない
・浮気の証拠となり、法的な効力があると認められるには、肉体関係があったとはっきりわかる証拠をおさえること[/char]

メールや通話履歴などは法的な効力はありませんが、これらの証拠で探偵に依頼したとき調査をしやすい利点があります。自分で証拠を集めるときはリスクは最小限にして、具体的な調査は探偵に依頼する方が良いでしょう。

スポンサーリンク

浮気・不倫調査カテゴリの最新記事