• 木. 5月 23rd, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

探偵が連絡先調査でできることは?依頼する前の注意点!

8月 17, 2017

[char no=”11″ char=”相談者”]昔の友達の、今の連絡先を調べてもらうことはできますか?[/char]
「あの人に会いたいけど、連絡先がわからない」そんなときに頼りになるのが探偵です。今わかる情報を手掛かりに、相手の連絡先を調査してくれます。探偵はどのような人の連絡先も調べることができるのか?探偵に連絡先調査を依頼するときのポイントをまとめました。

スポンサーリンク

連絡先調査を依頼するのはどんなとき?

連絡先調査とは、行方がわからなくなってしまった人の連絡先を調べてもらうことです。

  • 昔の恋人にもう一度会いたい
  • お金を貸した相手と連絡がとれない
  • 恩師、恩人にお礼がいいたい
  • 家出した家族の行方が知りたい
  • 学生時代の友人に会いたい

連絡先調査を希望する人の依頼理由は様々です。
もっとも、家出人や行方不明者の連絡先が知りたいときに、事件性があると思われれば警察に相談した方がよいでしょう。

ただ警察は「民事不介入」というルールにより、場合によって積極的に動いてくれるとは限りません。そこで一刻も早く連絡先をみつけたいときには、探偵に依頼するとよいでしょう。

どんな連絡先調査でも引き受けてくれる?

違法行為に当たるような調査は依頼できない

探偵は、どんな依頼でも受けてくれるのでしょうか。例えば、携帯電話番号や車のナンバーから個人を特定したり、あるいは戸籍謄本や住民票を取得して出身地などの調査を行うことは違法性が高く、これらは探偵に依頼しても断られてしまいます。ほかにも、差別に関わる調査であったり、ストーカーを目的とするような調査も当然受け付けません。
中にはこういったことを調べてくれるという探偵社もありますが、むしろこれらの違法行為を行う悪質な探偵社といえるため、依頼しないことが賢明です。まず調査を依頼する前に、頼もうとしている調査内容が、違法行為に当たらないかをよく調べてから、依頼しましょう。

参考サイト
◇ 原一探偵事務所「違法調査は致しません」(2017年8月、著者調べ)

個人で連絡先調査はできるか?

インターネットの普及により、個人でもパソコンやスマートフォンを使って、情報を得ることが簡単になりました。
インターネットで相手の連絡先にたどりつくことは可能なのでしょうか?

SNSで探してみる

TwitterやFacebookなど、たくさんの人がSNSを気軽に利用しています。これらのSNSからは、記事の内容や写真に登録されている情報などで簡単に個人を特定できてしまうこともあります。しかし相手にブロックされたり、情報開示を限定しているなど、個人情報の漏えいに気を使っている人の場合は、簡単に検索することはできません。

そもそも相手がSNSに登録、利用していなければ意味がありません。

人探し掲示板で探してみる

インターネット上で人探しをする人たちの専門サイトとして、人探し掲示板があります。

無料で簡単に情報が得られるというメリットがある一方で、情報提供者が現れるまで時間がかかるというデメリットもあります。また情報が本当なのか見抜くのも困難で、個人情報が流出してしまう恐れもあります。
ひとりで連絡先調査をしていると、知らぬ間に違法行為をしていても気づくことができません。

その点、探偵はプロなので、どこまでが違法なのかという判断をすることができます。自分だけで探すのには、想像以上に時間も労力もかかるので、プロの探偵に依頼した方がいいでしょう。

依頼する前に気を付けたいことは?

まずは無料相談を利用してみよう

連絡先調査を探偵に依頼しても、思っていた内容とは違う結果になってしまうことがあります。
例えば、昔の恋人に会いたいと依頼し、探偵が連絡先を突き止めたとしても、相手側で会ってもよいという意思がなければ、居場所を教えてもらうことはできないのです。

またお金を貸した相手の連絡先がわかっても、居場所を特定するためにかかった費用の方が、貸した金額を上回ってしまうこともあります。そもそも探偵に提示できる情報が少なければ、居場所を特定するために調査が長引き、結果として調査費用が高額になってしまう可能性もあります。

このようなことにならないように探偵社には、事前に電話やメールで無料相談できるというサービスがあります。後悔をしないように、調査費用、連絡先がわかったあとのことなどを探偵と相談し、よく考えてから依頼しましょう。

連絡先調査に必要なものは?

いくら探偵といっても、何もない状態から連絡先を調査することはできません。

今あなたが提供できる相手の情報が必要になります。名前や生年月日のほか、携帯電話番号やメールアドレス、車の車種、ナンバーなど、あるいは過去に住んでいた場所や勤務先などがわかるのであれば、もれなく伝えておきましょう。写真があればなおよいでしょう。

どれだけ細かく情報提供できるかによって、調査の進展状況がかわってくるので、思いついたことはすべて話しておくとよいでしょう。

どうして連絡先調査の費用は高額なのか?

まず連絡先調査というのは、難しい部類に入るので、費用が高いところが多いです。行方がわからなくなってから年月がたっていれば、その分連絡先を調べるのが困難になります。

探偵の調査方法の基本は、探偵業法により「聞き込み」「尾行」「張り込み」と決められています。調査に人手がかかれば、当然人件費が高くなってしまうのです。
調査範囲が広くなってしまった場合は交通費もあがります。ほかに、探偵が使っている器材は特殊なものが多く、改造費、メンテナンス費用などの諸経費もかかるようです。特に気をつけなければいけないのは、調査が思ったよりも長引いてしまった場合です。日数がかかれば、その分だけ費用もかかってしまうのです。

どうしたら費用を抑えることができるの?


調査が早く完了すれば、費用を安く抑えることができます。つまり探偵に対して、最初の情報提示をどれだけできるかが重要になってくるのです。情報が多ければ、調査に要する手間も時間も減ります。

また調査を依頼する際は、最初から1社に決めず、複数の探偵社に見積もりを依頼しましょう。
探偵社によって料金プランが違うため、調査方法や料金などを比較検討することが重要です。

まずは、無料相談サービスを使い探偵に状況を伝えてみてください。状況に応じても、料金プランがかわってきます。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・違法行為に当たる連絡先調査は、依頼できない
・相手の情報をできるだけ細かく伝えることが大事
・探偵社によって料金プランが違うので、見積りを出してもらい比較する[/char]

誰にでも相手の連絡先がわからなくて、困った経験があると思います。そんなとき探偵は頼りになる存在です。依頼の前には、違法行為ではないか、調査が本当に必要かもよく考えてください。

スポンサーリンク