不倫の証拠をおさえたい!気を付けるポイントとは?

不倫の証拠をおさえたい!気を付けるポイントとは?

不倫の証拠にはどんなものが有効ですか?

配偶者が不倫をしているかもしれないと疑心暗鬼になった場合、不倫の証拠をにぎることで今後の展開を有利に進めていくことができます。

不倫の証拠をおさえるためには何に気を付ければよいか、どういう場合が不倫に該当するのか、また証拠を見つけた時にどのように対応すればよいかについて詳しく紹介します。

不倫・浮気・不貞行為って何が違う?

不貞行為とは、「配偶者を持つ者が、自由意思で配偶者以外の異性と性的関係をもつことと定義されています。不貞行為は肉体関係の意味が含まれますが、不倫や浮気は「男女の関係が人の道に外れることと、定義が曖昧なところに違いがあります。詳しく確認していきましょう。

法律に関係するのは「不貞行為」

浮気や不倫は一般的な用語ですが、「不貞行為」は法律用語として扱われます。裁判でも浮気や不倫などの言葉を使わず、「不貞行為」と呼びます。法律に基づき、不貞行為を行った配偶者に対して離婚や慰謝料を請求することができます。

不貞行為に該当するもの

自由意思による、配偶者以外の異性と性的関係をもつことが不貞行為です。断り切れず行為に及んだり、酔った勢いで性的関係を結んだ場合は不貞行為にあたります。ホステスなどの枕営業を受けた場合も不貞行為とみなされます。

そのため、浮気だといえるようなキスや抱擁、デートをした場合でも、肉体関係がないと法律上の不貞行為とはなりません

配偶者が不倫!まずなにをするべき?

配偶者の不倫を知ったら、関係修復に努めるか、離婚や慰謝料を請求するのか、自身で大筋の方針を決めておく必要があります。離婚をするしないにかかわらずやっておくべきことはなにか見ていきましょう。

不倫の可能性をチェックしよう

「おしゃれに気を遣うようになった」「性交渉を嫌がるようになった」「外出や用事が増えた」など、日頃の行いとは違う様子が見受けられると、不倫の可能性があります。

不倫相手との関係が満たされていると、配偶者に不平や不満を言わなくなったり、携帯電話を肌身離さず持ち歩くことが多くなります。日常の行為から違和感を感じたら、不倫の可能性を考えましょう。

証拠集めが重要

不貞行為は人から隠れて行う行為のため、裁判などで立証するには証拠集めが重要です。不倫相手が既婚者だと認識した上で自分の配偶者と浮気をしている場合は、肉体関係があったことを証拠として残す必要があります。

ラブホテルに出入りしているところを写真やビデオに残しておくと立証しやすくなります。相手の居住地に3回以上出入りしていて長時間滞在している場合でも不貞の証拠となりますが、可能な限り多い回数の出入りを確認する方が裁判などで有利となります。

自力で証拠を集める方法

自力で証拠を集めたい場合は、メールなどの通信記録が状況証拠になります。メールの内容から、明らかに肉体関係があったと思われる会話のやり取りを見つけたら残しておきます。スマホなどを利用して写真に収めるか、プリントアウトしておくことで証拠品となります。

手紙や日記、クレジットカードの履歴も証拠になることがあるため、できるだけ多く集めておくことが大切です。

浮気・不倫の証拠がない!そんなときはどうする?

浮気や不倫の証拠を掴むことができず、配偶者や不倫相手も事実関係を認めていない場合、訴訟に勝てる可能性が低くなってしまいます。

ただし、証拠がなくても慰謝料を請求する行為は実行できます。内容証明郵便などを利用することで、慰謝料の請求が可能です。

証拠の重要性

訴訟を起こすと、原告と被告の双方から様々な主張がなされますが、お互いの言い分に大きな食い違いが見られることが多いです。

判決を下す裁判官は、第三者的立場から客観的な証拠に基づいて判断することになるため、不貞行為の証拠を多数集めておくことは極めて重要です。

証拠は、物的要因だけでなく、第三者の証言による人的証拠でも構いません。

自力で無理ならプロの探偵に調査を頼む

不倫や浮気の証拠を自力で集めるのは並大抵のことではありません。不貞行為は陰に隠れて行う行為であり、尻尾を掴みにくいことや、ある程度の距離まで近づかないと決定的な証拠が掴みにくいのが理由です。

プロの探偵に調査を依頼することで、尾行や張り込み、聞き込み調査の結果から、不貞行為の動かぬ証拠を掴んでもらえる可能性が高まります。

証拠が手に入らなかった場合でも、活動結果を調査報告書にまとめてもらえるため、不貞行為だったかどうかの判断にもなります。

探偵事務所によっては、人手の問題で依頼を下請け業者に回すところがあります。個人探偵事務所は大手の探偵事務所に付いて下請けの業務を請け負うことも想定されます。

大手の探偵事務所の中でも、原一探偵事務所は、下請けに回さず業務を完結しています。豊富な実績がある老舗の探偵事務所で全国にも支店があるなど業務ネットワークも充実しています。

探偵事務所に迷ったら、一度原一探偵事務所に相談をしてみることをおすすめします。

証拠を手に入れた後にすべきこと

浮気や不倫の証拠を掴んだ後、離縁を望むか望まないかで対応が異なります。配偶者が離婚したがっているが、別れたくない場合は、役所に対して「離婚届不受理申出」を提出することで、浮気した側からの一方的な離婚請求を拒否できます。証拠を盾にして配偶者と冷静に話し合うことも大切です。

また、配偶者が結婚を継続したがっている場合は、改心するつもりがあれば許してもよいと感じているならば一度腹を割って話しあってみましょう。一方で離婚を考えている場合は、不倫相手に対して慰謝料、配偶者には離婚と慰謝料を請求できます。

証拠を掴んだら、その後の計画を立てて行動を起こしましょう。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・浮気や不倫は一般用語で、不貞行為は法律用語である
・自由意思による、配偶者以外の異性と性的関係をもつことが不貞行為と定義される
・不貞行為は人から隠れて行う行為のため、裁判などで立証するには証拠集めが重要である[/char]
不倫の証拠を確実に押さえるため、法律を順守した探偵事務所をうまく利用しましょう。

浮気・不倫調査カテゴリの最新記事