• 木. 5月 23rd, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

不倫の慰謝料の相場はどのくらい?影響する要素とは?

4月 19, 2018

[char no=”15″ char=”相談者”]不倫をされました。どんな条件でも慰謝料は請求はできますか?[/char]
パートナーの不倫は精神的にかなりの苦痛を被るものです。可能なら慰謝料を取って懲らしめてやりたいと思う人も多くいます。しかし全てのケースで慰謝料が認められるわけではありません。また、その金額もそれぞれの事情によってかなり幅が出ます。

浮気の慰謝料について、基本的な部分をチェックしてみましょう。

不倫の代償である慰謝料とは

そもそも慰謝料とは、相手の不法行為によって受けた精神的損害に対する賠償のことを言います。つまり慰謝料を請求するには、相手に責任がなくてはいけないのです。浮気の場合は、請求する側に落ち度がなく、相手に明確な責任があれば慰謝料を請求することができます。

裏を返せば、請求する側に責任があったり、どちらの責任か明確でない場合は、慰謝料請求ができないこともあるのです。

不倫による精神的苦痛に対する償い

精神的苦痛とは、慰謝料の対象になる精神的な損害のことを言います。配偶者による浮気は、精神的苦痛が大きく慰謝料の対象になるとみなされます。浮気はパートナーへの裏切り行為であり、不安や悲しみが長期化することで心身に不調が現れることも多いからです。

請求できる相手

慰謝料の請求は、不倫をした配偶者だけではなく、その不倫相手にも請求することができます。離婚をしない場合は、不倫相手に慰謝料請求することが多くなります。夫婦の間でお金が移動しても意味がないからです。

また、相手に慰謝料を請求することで、配偶者に自分がしたことの重大さを認識させ、関係を断ち切らせるという意味合いも含みます。離婚する場合は、不倫した配偶者と不倫相手の両方から慰謝料を請求することができます。

ただし、既婚者であることを知らなかったなど、不倫相手に過失がない場合、慰謝料が減額されたり、請求が認められないことがあります。

不倫に対する慰謝料の相場

不倫の慰謝料には明確な相場が設けられておらず、金額にはかなり幅があります。一般的には200~300万円が相場だと言われていますが、離婚するのかしないのか、子供がいるかどうかなど、いろいろな条件によってかなり金額が変わってくることを頭に入れておきましょう。

離婚か再構築かによって変わる相場

パートナーの不倫が発覚したが、話し合いの末その後も同居して結婚生活を続けていくことになった場合、慰謝料は50~100万円程度の低い金額になることが多いです。これは別居や離婚といった事態に陥るほどの精神的苦痛が発生しなかった、と見なされるからです。

離婚はしないが別居することになった、という場合は100~200万円が相場になります。別居に至った分を上乗せするイメージです。不倫が原因で離婚することになった場合は金額が上り、200~500万円が相場となります。

有名人の慰謝料が高額になる理由

芸能人や著名人が離婚すると、高額な慰謝料額がよく報道されます。有名人の慰謝料がなぜここまで高額になるかというと、財産分与を含んだ金額になるからです。財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して増やした財産を、その貢献度合いに応じて分けることを言います。

芸能人やスポーツ選手は年収が高いので、それだけ金額が上昇するのです。

慰謝料の金額に影響を与える条件

慰謝料の額を決定する条件には様々なものがあります。例えば婚姻期間は、長ければ長いほど慰謝料の額は高くなる傾向にあります。長年連れ添ったパートナーに裏切られれば、それだけ心の傷は深くなるからです。

逆に結婚して1~2年という場合は浮気によるショックも小さいだろうと考えられ、慰謝料は低くなることが多くなります。子供の有無も重要なポイントです。親の不倫は当然子供に精神的ショックを与えますし、離婚した後の生活も大変なものになることが予想されるので、慰謝料は高くなります。

子供が小さければそれだけ傷付きやすくなりますし、子供の数が多ければ被害者が多いということになるので、やはり慰謝料は高額になります。

慰謝料が請求できないケースとは

全てのケースで慰謝料が請求できるわけではありません。例えば夫婦仲が悪く、既に結婚生活が破綻していた場合は不倫が平穏な夫婦生活を壊したとは言えないので、相手に慰謝料を請求することは難しくなってしまいます。

また、気を付けたいのが、慰謝料の請求には期限があるという点です。離婚してから3年が経過してしまうと、時効が成立し慰謝料はもらえなくなってしまいます。とりあえず離婚してから、というのは危険なので、離婚する前にお金の問題をはっきりさせておきましょう。

不倫の慰謝料を確実に請求するには?

不倫の証拠を手に入れる

慰謝料をもらいたいと思っても、相手が不倫を認めなかったり、支払いに応じないことがあります。自分の主張を通すためには、それを裏付けるための証拠が必要になります。不倫の証拠とは、すなわち不倫相手と配偶者が肉体関係を持っていたことを証明するものです。

ラブホテルに出入りしている写真や肉体関係があることをにおわせるラインやメールのやり取りなどを集めなければなりません。

浮気・不倫調査はプロにまかせよう

不倫の証拠を集めようとしても、素人の調査では限界があります。よく顔を知っている相手を、気付かれないように四六時中見張るのは至難の業ですし、配偶者の不倫を直接見るのは精神的負担を伴います。

確実な証拠を手に入れたいと考えている場合は、探偵などのプロに依頼するようにしましょう。顔見知りではないので尾行に気付かれるリスクは少なく、ノウハウも豊富です。仮に裁判に至ったとしても、そこで使える証拠を手に入れることができます。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・不倫によって夫婦生活が壊された場合は、慰謝料を請求することができる
・相場は200~300万円だが、条件でかなり変動する
・慰謝料がもらえない場合もある
・不倫の証拠を集めることで、話し合いを有利にすることが可能[/char]
個別の事情に合わせるには、専門家の力も借りましょう。