• 木. 5月 23rd, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

身元とは?探偵の身元調査で分かること

3月 6, 2018

[char no=”13″ char=”相談者”]身元調査ってどんなことを調べるの?調べられないことはあるの?[/char]

「身元」とはなにか正確に知っている人は少ないかもしれません。
身元の意味はなにか、本人確認と身元確認の違いについてなど解説していきます。
また探偵に依頼できる「身元調査」とはどのようなものか、身元調査の具体的な内容な費用なども合わせて紹介していきます。

「身元」とはなに?

「身元」という言葉はよく聞くけれど、正確な意味をわかっているようでわかっていない、という人が多いのではないでしょうか。

「身元」とはどういう意味なのか、「身許」との違いなどについて確認していきましょう。

身元とはその人の出生や経歴のこと

身元(みもと)とは、その人の生まれや育った境遇、これまでの経歴などを指し、生まれた場所はもちろん、両親の家系などが含まれます。

また卒業した学校などの学歴、職歴も含まれており、対象者のそれまでの状況全般を意味するのが身元です。

身許と身元の違い

身元と同じ読み方をする単語に「身許」という単語があります。
漢字が違うので意味も違うのかと思われがちですが、身元と身許はまったく同じ意味で使われています。

古くから使われているのは「身許」という漢字ですが、最近ではほとんどが「身元」という漢字を使用しているようです。

身元を英語で言うと?

身元の意味を日本語で確認したところで、英語ではどのように使われているのか確認してみましょう。

英語では、使われ方によって使用する単語も違ってきます。

・identity (正体・身元)
・birth (生まれ・家柄)
・background (生い立ち・素性・経歴)

「身元が判明する」はbe identifiedと言います。

その人の身元が判明した
The man has been identified.

上記のように英語では使われています。

素性とは?素性と身元の違い

身元と同じように使われている言葉に「素性(すじょう)」があります。

素性が分からない」などという使われ方をしています。
素性を辞典で調べると「人の生まれた家柄や血筋、生まれや育った境遇、今まで歩んできた道すじ」などと書かれていて、身元とまったく同じ意味となっています。

両者の違いは微妙なものですが、「身元」は、はっきりとしているのかということが問題になりますが、「素性」になると「良い」「悪い」の評価も加わることが多いです。

・被害者の身元が判明した
・素性のはっきりしない人物だ

このように、「身元」と違って「素性」は人物の評価あらわしていることがわかります。

身元確認と本人確認の違いとは?


契約手続きなどするときには「本人確認書類」を提出するように言われることが多いです。
この「本人確認」というのは「身元確認」とは違うのでしょうか?

「本人確認」の定義というものはありませんが、身元確認は本人確認の1つと考えていいかもしれません。
つまり、本人確認には身元確認も含まれるということになります。

本人確認には他にも、「属性情報」として銀行口座やクレジットカードの情報など、本人に紐づかれて契約されているものも含まれています。

市役所などでは、本人確認として「身元確認書類」の提出が求められます。
身元確認書類としてそれ1点で有効なものは下記のようなものです。

◆官公署発行で顔写真のあるもの
・マイナンバーカード
・運転免許証・旅券(パスポート)
・住基カード(顔写真あり)
・身体障害者手帳
・在留カードなど

健康保険証や年金手帳などは顔写真がついていないため、それ1点では有効にならない証明書となることが多いです。

身元保証人とは?

就職などするときに「身元保証人」をたてるように求められたことはありませんか?
身元保証人とはどういうものか、どのような人がなれるのか確認していきましょう。

身元保証人と連帯保証人の違い

企業では、その人が本当に信頼に値する人かどうかを保証してもらうために「身元保証人」を用意するように求めることが多いです。

身元保証人になると、企業の入社希望者が万が一会社に損害を与えた場合、その損害を賠償する必要がでてきます。

身元保証人と同じようなものに「連帯保証人」というものがあります。
保証をした人物と同じように賠償する責任が生じるという点は同じですが、連帯保証人とは違う点もあります。

それは、身元保証人には「期間の制限がある」「解除権がある」という2点です。

期間の制限とは、企業が身元保証人になる年数を定めること、また定められていない場合は「3年」という期限が適用されます。期限が定められていても最長5年までと決められています。

さらに解除権というものが認められていて、損害賠償の恐れがある行動を従業員がとっているのに身元保証人に通知しなかった場合や、遠隔地に赴任したことで身元保証人が監督できない状況になった場合などに「身元保証人を辞める」ことができます。

身元保証人になれる人物

身元保証人にはどのような人物が適用されるのかは、企業によって明確に定められています。
もし企業が提示する条件にあえば、友人や知人であっても身元保証人になることは可能です。

企業がもし「生計を共にする人以外」という条件を提示すれば、同居している両親には頼めません。
また、「収入がある人」という条件なら、専業主婦の姉などにも頼めません。
条件は企業によって違うため、よく確かめておく必要があります。

身元保証人がいないと就職できないの?

身元保証人に立てられる人物が誰もいない、という人もいるかもしれません。
その場合、就職することができないのかと考えてしまいますが、そのようなことはありません。

まずは就職先の会社に正直に相談してみましょう。身元保証人を立てなくてもそのまま就職手続きをすすめてくれる場合もあるからです。

また、どうしても身元保証人が必要な場合は、「保証人代行サービス」を利用しましょう。
保証料を払うことで、契約者の身元保証をしてくれる会社です。

ただし、会社には「保証人代行サービス」を利用したいということを伝えておきまょう。

身元調査とは?探偵や興信所で依頼できる?

「身元」や「素性」を調べると聞くと、探偵事務所の調査を思い浮かべる人もいるかもしれません。

興信所や探偵事務所では「身元調査」というものを行っています。
探偵が手掛けている身元調査は、対象者の家族関係や生まれ、育ちなどについて幅広く調べる調査で、結婚の時に利用するケースがよく見られます。

身元調査は個人に関する調査では以前から利用されてきた経緯があり、探偵事務所のサービスの中でもポピュラーなものの1つと言えるでしょう。

身元調査を行う目的や理由

身元調査は、結婚相手や婚約者の素性や生活状況、家族構成などを知りたい場合によく利用されており、特定の人物の情報を集める目的で探偵社に依頼をする方が多いです。

また、浮気相手に賠償請求をしたいというときにも、生活状況を知るために身元調査を利用する場合があります。
初恋の人や以前に付き合っていた恋人の現状を知りたい、といった方からも利用されている調査です。

探偵の身元調査で分かること

身元調査では、対象者が結婚しているかどうか、交友関係、また勤務先などが一通り分かることから、調査を行った時点の対象者の生活が把握できます。

婚姻歴や学歴、職歴といった過去に関する調査も行うため、生まれてから大人になるまでの情報を得る上でも役立つ調査と言えるでしょう。

聞き込みや張り込みなどを通じて、本人や家族の評判や日ごろの生活についても分かる場合があります。

結婚前調査

結婚前調査とは、これから結婚を考えている相手の身元調査をするものです。
結婚相手の異性関係やギャンブル癖、趣味、交友関係などを調べることで、思いもしなかった結婚相手の裏の顔がわかるというケースもあります。

特に異性関係にだらしない人、ギャンブル癖がある人は結婚後に大きな影響があるため、結婚前に知っておくことで危ない結婚を回避することができます。

また、結婚相手の家族や親族の調査も可能です。ただし、家族まで調査が及ぶとかなり高額な費用が発生するため、どうしても知りたいという人以外は慎重に依頼しましょう。

浮気相手の調査

配偶者が浮気をしていることが分かったら、気になるのは「浮気相手は誰か」ということでしょう。
特に慰謝料の請求を考えている場合、浮気相手がどこのだれかという情報は知っておくべきことでしょう。

探偵は配偶者の浮気相手の自宅や勤務先なども調査することが可能です。
できれば、配偶者との「不貞の証拠」まで手にいれておけば、裁判でも有利にすすめることができるでしょう。

金銭トラブルの相手の調査

お金を投資したのに、それから連絡がつかなくなった
などといった金銭トラブルも少なからずあるようです。

聞いていた相手の素性はすべて嘘だった、突然連絡が取れなくなったなどといった場合、探偵は残された情報から相手の正体を調べます。

企業による採用前調査

企業が採用を考えている人物の身元調査を行うものです。

しかし、最近では企業が必要以上に個人情報を得ようとする行為をやめるように国からも指導が行われています。
現在市販されている履歴書には、本籍地や思想などを記入する欄がなくなっています

職業安定法でも、差別の原因となるおそれのある個人情報の収集は禁止とされています。
面接時に企業から、家族に関することや本籍地、思想など、本人の適性や能力などと関係がない情報について質問することは法律違反とされています。

違法調査や差別調査はできない

探偵事務所は警察機関と違って業務内容がある程度限定されていることから、身元調査でも調べられない内容がでてきます。例えば、探偵事務所の場合、家主の承諾なしに盗聴器を仕掛けるといった行為が許されていないため、生活に関する調査でも家の中の状況までは分からない場合があります。

同棲者の有無をチェックする場合にも、聞き込みや張り込み、尾行などを通じてアプローチをするのが、本来の探偵事務所の調査です。

また、個人の資産に関する調査にも一部制限があることから、預貯金の額や借入金の額については詳しい情報が得られないケースも少なくありません。

また、探偵事務所は対象者の出身地など、差別につながる調査も行うことができません。

身元調査にかかる費用

このような身元調査の料金は、調査の難しさに比例して前後します。
また、探偵事務所の料金システムによっても若干変わってくるのが現実です。

基本料金や調査料金を含めて約10万円前後で引き受ける探偵事務所が多いですが、身元調査の場合は30万円前後かかることが多いです。

また、対象者の親や親戚などの調査まで及ぶと費用が何十万円もプラスされるケースもあるため、調査したい範囲を事前によく考えておく必要があります。

調査依頼する探偵・興信所の選び方

身元調査を依頼するときには、どのような事務所を利用するかが大切になりますので探偵・興信所の選び方を少し見ていきましょう。

こういった調査機関を利用する場合、調査力や料金などは最初にチェックしておく部分になりますが、違法な調査をしていないかどうかもしっかりと確認することが必要です。

大手探偵事務所の原一探偵事務所の場合、はっきりと違法調査は行わないとホームページに明記してあります。このように法的なルールに則ってしかるべき調査を行っている調査機関を選べば依頼する側としても安心が得られるでしょう。

悪徳業者に気を付けよう

探偵事務所や興信所の看板を掲げて調査を行う事務所の中には、悪徳業者も少なからず存在しているため、依頼する前にはサービス内容や料金をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

例えば、料金を次々に加算して当初の見積りよりも多い金額を請求する事務所や、調査依頼に行ったのに借金をすすめるような悪質な業者もいます。

悪徳業者は、ホームページなどに所在地を掲載していない場合が多く、電話番号も携帯電話番号のみ掲載しているという探偵事務所には要注意です。

特に、打ち合わせを事務所で行わず、喫茶店などで行う探偵事務所には気を付けましょう。事務所を持っていないか、事務所の場所がばれると都合が悪いということがあるためです。

悪徳業者を利用して被害にあわないためにも、できるだけ知名度のある大手の探偵事務所に依頼することをおすすめします。

無料相談を賢く利用しよう

初めて探偵事務所を利用する方は、無料で提供されている相談サービスを利用すれば、スタッフの対応などをチェックしながら慌てずに依頼を決めることができるでしょう。

無料の電話相談や面談サービスを実施している探偵事務所であれば、依頼したい内容を伝えた上で最適な調査や料金についての質問が可能になります。

対応したスタッフから行動に関するアドバイスが受けられることもあり、賢く利用できるのが無料相談のサービスです。

どこに依頼するか迷ったら、まずは電話やメールなどで無料相談を一度利用してみることをおすすめします。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・身元と素性は同じような意味
・身元保証人と連帯保証人は違う
・身元調査は結婚前の調査などに便利
・違法な調査をする探偵事務所に注意
・無料相談を利用して依頼先を決めるのがベスト[/char]

探偵事務所のサービスには差があるため、身元調査を依頼するときにも調査方法や料金システムを確認しておきましょう。