• 日. 4月 14th, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

探偵が前科調査をすることは可能なのか

8月 14, 2017

[char no=”12″ char=”相談者”]相手に前科があるかどうか、知ることは可能ですか?[/char]
将来結婚を考えている相手や、会社に採用しようと考えている相手などの前科を調べたい場合、それを調べて相手が信頼できる人物であるのかを判断したいときはどうすればよいでしょうか。探偵や興信所に依頼してもよいのか悩んでしまいますよね。今回は前科を調べる方法について紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそも前科とはなにか

よく前科持ち前科者などといわれることがありますが、どういう意味で使われているのか知っていますか?

前科とは「以前に法律を犯して刑罰を受けていること」をいいます。
前科と似たもので前歴という言葉を聞いたことがあると思いますが、前科は刑罰を受けていること、つまり逮捕されてから有罪判決を受けた人に付くものです。一方、前歴は逮捕されても起訴されなかった人に付くものですから、逮捕されても起訴されなければ前科は付かないということですね。
また前科というのは法令上の用語ではなく、正確には犯歴と呼びます。

前科は誰にでも付いてしまう可能性がある

前科と聞くと、何か重大な罪を犯してしまった人が付いてしまうイメージがありますが、実はそうではありません。
例えば飲酒後の自転車運転は飲酒運転になり、罰金刑になってしまえば前科持ちになってしまいます。気を付けておかないと、ふだんの生活の中で前科が付いてしまうこともあるのです。

前科を調べる方法はあるのか

自分や家族の交際相手や婚約者に前科があるのかどうかを知りたい場合、どのようにして調べればいいのでしょうか。日本では個人情報に関して非常に厳しく規制されているため、残念ながら一般の人が他人の前歴を調べることは難しいでしょう。

では他人の前科を知ることは不可能なのでしょうか。

相手が信用できるのかを判断する材料にする

交際相手や婚約者の前科を調査することは、信用調査のひとつとして役立つ情報になります。
自分のことだけではなく親として、結婚する子供を心配して調査したい人もいるでしょうし、会社に採用する相手を調べたいということもあると思います。
前科だけで相手のすべてが決まるわけではありませんが、信用に足る相手であるかを確認するポイントにはなります。

自分の前科を知ることも難しい

そもそも、前科というのは本人であっても知ることはできないものです。前科や前歴は、警察・検察・本籍のある市区町村で情報を記録しています。これらは犯罪分析や判例の管理のためなどに使われ、第三者に公表されることはありません。

しかも、たとえ本人であっても情報公開をしてくれないのです。つまり普通の生活をしている限りは、第三者が他人の前科について知ることはありえません。

前科の調査はほぼ不可能

日本では前科についても、個人情報として厳重に保護されています。
そのため、一般人だけではなく探偵も、前科を調べることはほぼ不可能です。探偵は法律の中での調査しかできませんから、公的機関から情報を入手してしまうことは個人情報の不正入手になってしまいます。

違法な方法で調査することは、まともな探偵事務所ではありえません。

探偵ができない調査

探偵は法律の中での調査しかできません。例えば別れさせ工作や復縁工作、復しゅうや犯罪行為に利用される調査などはできません。また、他人の敷地内への無断侵入やGPSを仕掛けることも違法になるのでできません。
もし、自分が依頼する調査が引き受けてもらえるのかわからない場合は、探偵事務所に問い合わせることをおすすめします。

前科を調べる方法はある

しかし、絶対に調べる方法がないわけではありません。

公的機関からの情報入手は違法ですが、それ以外の方法で調べることはできます。情報を手に入れるということで、聞き込み調査をすることもそのひとつです。身辺調査や信用調査と同じように聞き込みをして調べることや、過去の新聞などの情報を調べることは違法ではありません。

また、過去の犯罪が実名で新聞やメディアに掲載されてしまった場合は、それをさかのぼって調べることは可能です。ただし、報道されないほどの軽犯罪だった場合は、新聞などに載っていることはないので調べることはできません。

どちらの方法も必ずしもそれで前科が見つかるとは限らないので、そのことを理解した上で調査を依頼するようにしましょう。

前科だけで相手を判断するのはやめる

先に述べたように、前科は誰にでも付く可能性はあります。前科が付いている人だけが特別なわけではありません。

会社の採用や結婚相手に信頼感を求めることは当然ですが、前科があることだけが相手のすべてを決めてしまうことがないように情報保護がされています。
前科があることにこだわりすぎて、それだけで相手のことを判断することはやめましょう。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・前科と前歴の違いは起訴されたかどうか
・第三者が前科を知ることは難しく本人でも聞くことができない
・探偵でも前科調査は難しいが、聞き込みや新聞などをさかのぼって調べることは可能
・前科の有無だけで相手を判断しない[/char]

前科の調査は相手の個人情報です。探偵に調査を依頼することは可能ですが、取扱いには十分に注意しましょう。

スポンサーリンク