• 木. 6月 20th, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

探偵の調査方法はどのようなものなのか?調査は合法で行なわれている?

8月 16, 2017

[char no=”12″ char=”相談者”]探偵の調査方法は、ほんとうに法律に違反していなんですか?浮気調査なんて、ぎりぎりのような気がするんだけど・・・[/char]
配偶者の浮気など、証拠を押さえたいときには探偵に依頼すると確実です。プロのテクニックで調査を行なってくれるので、素人の私たちが行なうよりも成功率が格段に違います。しかし、探偵は実際にどのような方法で調査を行なっているのでしょうか。今回は、探偵の調査方法について紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

探偵の具体的な調査方法

探偵が法律で認められている調査方法は、大きく3種類あります。それは「尾行」「張り込み」「聞き込み」です。これらの3種類を駆使して、証拠を押さえるようにしています。

探偵の業務にかかわる法律に「探偵業法」というものがあります。こちらの法律で上記3種類のルールが定められています。次に3種類の具体的な行ない方を紹介していきます。

参考サイト

相手の背後をついていく尾行

「尾行」調査対象の人を後ろから、追いかける方法です。マンガでは、徒歩で追いかけることが多いですが、移動手段は電車やバス、車など対象者ごとに変わるため様々な手段で尾行をします。対象者から気づかれてしまうと、調査失敗になってしまいます。
よって、近づきすぎないように、しなければなりませんが、逆に離れすぎると見失ってしまう可能性もあります。つかず離れず、ちょうどよい間合いを取るにはテクニックが必要です。

じっくり動きがあるまで待つ張り込み

続いては「張り込み」です。対象者が建物内に入った場合、だれかと落ち合っている可能性があります。次に出てくるまで、その建物に張り込みをします。長い場合は1日以上張り込む場合もあります。尾行もそうですが、ときどき周辺の住民に不審者として通報される場合があります。この場合職務なので、逮捕される危険性はありません。
ただし、調査がストップしてしまうので、基本的には住民の人に怪しまれないように調査を行ないます。

対象者について聞き込みを行なう

人探しなどの行方を捜している場合は、関係者に「聞き込み」も行ないます。相手に不審に思われないように、探偵であることを最初に話す場合もあるようです。浮気調査の場合は、足がつきやすいので余り行われることはありません。

探偵の調査方法は合法であるのか


探偵が行なうことができる調査は、基本的に探偵業法の中で定められたものしか行なうことができません。さらにいえば、探偵の行なえる業務は、一般人が行なえる調査内容とそう変わりありません。

そのため、探偵だからと言ってプライバシーを侵害するような調査を行なったり、対象の家に盗聴器を仕掛けたりすると、個人情報保護法や電波法に引っかかります。

もし違法な手段で入手した情報の場合は、その情報を証拠として使うことはできません。大手の会社はこのような違法調査を行なうことはありません。信頼がおける探偵会社を探すことが大切です。

違法調査内容 盗聴・盗撮 戸籍や金融情報の取得 対象を別れさせるように差し向ける
違反する法律 電波法違反
住居侵入等
個人情報保護法違反 公序良俗違反

探偵による個人情報の調査方法

個人情報の入手をすることは、すべて個人情報保護法に違反するイメージがあります。ただし、方法によっては、合法で情報を手に入れることも可能です。

例えば、聞き込みによる個人情報の入手があげられます。近所の人と仲良くお話をして、対象者の情報を得ることは合法です。これが違法になってしまうと、うかうかおしゃべりもできなくなります。

また尾行で手に入れた情報も合法です。浮気相手を尾行した結果、勤め先に関する情報が手に入ったとしたら、これは合法で入手した個人情報となるわけです。

探偵による浮気の調査方法

探偵による浮気の調査方法も、主に尾行や張り込みとなります。

配偶者などの対象者の行動を逐一観察して、不審に思う行動が確認できたら尾行に移ります。尾行の際に決定的な瞬間に居合わせた場合は、写真やビデオで撮影をし証拠を確保します。
写真やビデオで撮影した動画は、物的証拠となるので、対象者が反論するのも難しくなるでしょう。

また、必要に応じて浮気の相手側の調査も行ないます。裁判になった際に、慰謝料の請求ができるような経済状況かどうかなど、身辺情報は細かく洗いざらいにされます。

警戒してもなかなか探偵の存在に気づくことは困難です。実際に浮気を行なっている場合は、かなりの確率で証拠を押さえることができるでしょう。

デジタル化する探偵の調査方法


探偵の調査方法もデジタル化が進みハイテクになっています。例えば、浮気調査の際に一昔前では、配偶者の行動は尾行をしなければわかりませんでしたが、現在ではGPSがあるので非常に簡単に行動を把握することができます。場合によっては、GPSだけで浮気の確証を手に入れることもあります。浮気相手の家やラブホテルにGPSが位置していたら、間違いはないでしょう。

他にも、データ調査を取り入れ様々な情報から細かい行動などを探し当てる探偵会社もあるようです。

しかし、ニュースでも話題になりましたが、過去に携帯電話会社の従業員が探偵会社に情報を流出させてたとして、逮捕されたケースがあります。

個人情報保護法により、行き過ぎた調査を行なうと罪に問われます。
安心できる探偵会社かどうか、事前にしっかり確認しておくとよいでしょう。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・探偵は「尾行」「張り込み」「聞き込み」の3種類で調査する
・探偵も法律外の調査を行なうと、違法となる
・最新のネットワークやデジタル技術を駆使している[/char]

探偵の調査は私たち一般人が行なえるものと、実は大差はありません。ただし、プロとしてのテクニックは確かですので、迷わず探偵に依頼しましょう。

スポンサーリンク