• 日. 4月 14th, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

探偵が使うテクニック!プロと素人の決定的な違いとは?

7月 27, 2017

[char no=”4″ char=”相談者”]素人の調査に比べて、プロのテクニックはそんなにすごいの?[/char]
探偵は依頼者から調査費用をもらって調査をしているため、素人でもできるような調査では、仕事の依頼は来なくなってしまいます。素人では真似できない様々なテクニックを駆使して、プロとして調査をおこなう必要があります。探偵が使う基本的なテクニックとはどんなものなのか見ていきましょう。

探偵が使うテクニックとは?

探偵の基本は「尾行」「張り込み」「聞き込み」ですが、その他にも様々なテクニックを使って依頼を遂行しています。
そのテクニックは、相手の嘘を鋭く見破ったり、いじめられているかを調査したり、浮気の証拠を集めたりすることに用いられています。

調査対象として「携帯電話」や「財布」、「パソコン」、「車」などから、素人では気づかないような情報を収集するように思われがちですが、しかしこれらのことはすべて違法行為となるため、基本的にこういった調査は行いません。
中にはこういった調査を行って依頼を遂行するとする探偵事務所もあるため、十分注意が必要です。万が一、このような探偵に依頼をしたときには、依頼者である人も罰せられる可能性があります。
ただし、探偵の協力で、配偶者の所有しているこれらのものを、調べてくれと言うことはありえます。

探偵の尾行テクニック!絶対にバレないためにプロがしていること

尾行というのは探偵にとって、生命線といっても過言ではない重要な業務です。もし調査対象者に尾行がバレてしまうと依頼は失敗、そして調査はそこで終了となってしまいます。
そのようなことにならないために、探偵はプロのテクニックで対象者にバレないよう細心の注意をはらって尾行を行います。

徒歩での尾行テクニック

徒歩での尾行において重要なのは、対象者との適切な距離を保つことです。近すぎるとバレてしまうおそれがあり、遠すぎると見失ってしまう可能性があります。
対象者と歩調を合わせて歩き、急に立ち止まったり後ろを振り返ったりしても、慌てずに自然に振舞わなければいけません。

探偵というと変装して尾行するイメージがありますが、よくテレビで見るようなサングラスにマスクなどではなく、なるべく周りに溶け込むような変装をします。

車両での尾行テクニック

尾行をするときに探偵は車だけではなく、自転車やバイクも使用することがあります。自転車やバイクは小回りが効き、渋滞の時に非常に役に立ちます。

車での尾行は機材を積み込むことができるワンボックスカーを使うことが多いのですが、この車両にはスモークなどで外から機材が見えないようにしたり、店のステッカーを貼ったりして業務用の車両を装おうなどの様々な工夫がされています。

車両での尾行は相当なドライビングテクニックがないと、対象者を見失ってしまったり、バレてしまったりする可能性が高いです。バックミラーで確認されにくい位置にいながら、相手を見失わないように信号機なども常に意識していなければならないからです。

素人の尾行はなぜだめなのか?

そもそも顔見知りの対象者であれば、たとえ変装したとしてもバレてしまう可能性は高いでしょう。
探偵に依頼すれば、対象者との関係は他人どうしなので、バレるリスクは低くなります。浮気調査の証拠を掴むための尾行であった場合は、バレてしまっては相手が証拠を消してしまうという状況にもなりかねません。

探偵は複数人体制で尾行しているため見失うリスクが低く、一人が先回りして撮影したり、対象者にあやしまれても別の人が尾行を続けたりするようにしています。素人が自分で尾行した場合は、見失ってしまった時点で調査失敗となってしまいます。
探偵は尾行に対して教育を受けており、どんな状況でも自然に振舞うことができるテクニックをもつ、尾行のプロフェッショナルなのです。

そして、超小型カメラやマイクなどのハイテクな機材も使用しています。尾行をするときには、対象者にバレてしまうというリスクを回避するために、素人が自分で調査することはせず、尾行のプロである探偵に依頼した方がいいでしょう。

参考サイト
◇ 原一探偵事務所「尾行のテクニック(徒歩編)」(2017年7月、著者調べ)
◇ 原一探偵事務所「尾行のテクニック(交通機関編)」(2017年7月、著者調べ)

探偵の張り込みテクニック!とにかく忍耐力が必要

張り込みというのは、対象者がいつ行動を起こしても対応できるように、常に集中していなければなりません。
しかも相手がいつ行動を起こすか分からないので、相当な忍耐力が必要となります。テクニックというよりも、ひたすら待ち続けるという行為が素人では耐えられないと思います。

張り込みをするときに、探偵は下調べを徹底的に行います。それは、対象者の顔が確認でき、死角になるような張り込み場所を探すためです。車での張り込みの場合は、駐車する場所も気をつけなければ警察に通報されたり、ナンバーを控えられたりするおそれがあるからです。立ちんぼ(路上での張り込み)の場合、そこにいる理由をつくっておかなければ、周りの一般人にあやしまれてしまう恐れがあるでしょう。

探偵の聞き込みテクニック!

対象者にバレないように聞き込みをするというのは、実はとても難しいことです。探偵は警察と違い、強制的に情報を聞き込むことができないので、自然に情報を聞き出すということが重要になってきます。
探偵という身分をあかしてしまうと、あやしまれてしまうことがあるので、身分設定というのも必要になることがあります。その場合は、話の途中でボロがでてしまわないように、入念な下準備を行わないといけません。

本当に知りたい情報を隠すために、関係ない情報も真剣に聞きながら、確信の情報を引き出すなどのテクニックを使います。
電話での聞き込みは、顔を見られないというメリットがありますが、その分警戒されやすいので、相手に疑われないような言葉選びが必要になってきます。

探偵はテクニックを駆使して違法調査をしない!

探偵は違法な調査で情報や証拠を集めたりすることはありません。様々な、テクニックを駆使して、違法にならないように調査しているのです。
しかし自分で調査をすると、気づかないうちに違法にあたる行為をしてしまうことがあります。したがって違法調査をしない、信頼できる探偵社に依頼した方が安全に情報を収集できるでしょう。

原一探偵事務所

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・経験豊富な探偵でないと、バレないように尾行することは難しい
・張り込みというのはテクニックと、相当な忍耐力が必要
・聞き込みで自然に情報を引き出すためには、熟練のテクニックがないと難しい
・自分で調査をすると、気づかないうちに違法行為をしてしまうことがある[/char]

探偵は調査が対象者にバレて失敗しないように、様々なテクニックを使っています。徹底的に教育を受けていて、知識や経験も豊富で、しかもハイテクな機材も使用することもできます。素人にこれらをマネすることは難しいでしょう。

対象者にバレてしまうことのないように、探偵に調査依頼することをおすすめします。