• 火. 7月 23rd, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

探偵と警察の調査は違うのか?意外と知らない探偵と警察との関係性

3月 18, 2017
探偵,警察
探偵と警察の違いってなんですか?

アニメや小説の世界では、名探偵といえば殺人現場に向かい、警察の事件に協力をする。そんな一連の流れがあります。しかし、現実の事件現場で探偵がいるという話は、余り聞いたことがありません。そこで、アニメの世界のように、探偵は警察と協力して事件を解決しているのか?はたまた探偵と警察の仕事は違うのか?
今回は探偵と警察の関係性について調べてみました。

探偵と警察の違いは何か

アニメでは事件現場で探偵はアリバイ調査をしたり、事件の真犯人を探したり、事件解決に向けて走り回ります。このように探偵と警察は似たような仕事をしているイメージがあります。

しかし、日本では探偵と警察の仕事は住み分けがきっちりとされています。まず探偵と警察の仕事の違いを確認してみましょう。

探偵の仕事範囲は身元調査

探偵の仕事は、金融機関や弁護士などのように法律で細かく定められています。
探偵について定めている法律は「探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)」といいます。この探偵業法によると、探偵の業務は次のように定義されています。

この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。
探偵業の業務の適正化に関する法律 引用元:衆議院

簡単に訳すと、探偵は依頼を受けて身元調査を行うことができるということです。よって、探偵に認められているのは身元調査だけです。現実世界では、物語にあるような事件の捜査にかかわる権利を、探偵は持ち合わせてはいないのです。

身元調査とは?興信所でどこまで分かるの?

身元とは?探偵の身元調査で分かること

警察の調査範囲でできないことは

探偵による調査は、一般人と変わりのない範囲でしか行えません。そのように探偵業法で定められています。それに対して警察は、事件が起これば何でも調査を行えます。事件に関係ある場所に出向き、事実関係を調査することが可能です。

しかし、警察が調査できないこともあります。
ひとつ目に事件前の調査です。例えば、家族が行方不明になったとします。心配した家族は、警察に失踪届を出したとします。しかし、状況によってはすぐに調査を行なってくれないケースも多いようです。その条件とは、事件性が低い場合です。警察は事件が関係していないことには、積極的に調査をしてくれません。

ふたつ目は民事事件に関することです。例えば、浮気が分かりやすいと思います。浮気を配偶者からされている可能性があるときに、警察にお願いしても調査は行なってもらえません。なぜなら警察には民事不介入という原則があり、浮気は民事事件になるので、警察の調査範囲外となるからです。このように警察と探偵は、調査を行える範囲が明確に分かれています。

ここまで探偵と警察の調査範囲について見てきました。探偵が行う調査範囲で知りえる情報は、「民事」と呼ばれる種類の問題で解決するために利用されます。浮気や不倫、雇用問題、ご近所トラブルなど、個人間(法人の場合もある)の問題を解決するための、事実確認などが目的となります。

一方、警察は「刑事」と呼ばれる犯罪行為を取り締まり、社会秩序を守るための国家権力を背景に持った組織です。探偵はあくまでも民事」トラブルを担当するものであり、「民事不介入」という原則がある警察が動かないときに、頼りになる存在といえるでしょう。

探偵とはいったいなんなのか!警察、興信所との違いは?

探偵と警察は事件捜査で協力しない

では、実際に殺人事件が起こった場合、探偵は一切協力を行わないのでしょうか?
正解を先に述べると「探偵としては協力をしません」。調査が難航して解決できない場合も、探偵に対して警察が協力要請をすることはありません。ただし、一般人として事件に協力するケースはあります。

例えば、被疑者や被害者に関係のあるときです。この場合は参考人として、事情聴取を依頼されるケースがあります。また目撃者としても同じです。状況確認のために協力を依頼されます。いずれにしても一般人と同じ範囲での協力となります。

探偵と元刑事の関係性は?調査方法に違いはあるのか

身元調査はどちらに頼めばよいのか

では、身元調査は警察と探偵のどちらに依頼するべきでしょうか?
状況にもよりますが、基本は探偵に依頼するのがよいでしょう。探偵の場合、ほとんどのの身元調査は、どのようなものでも引き受けてもらえます。浮気調査や行方不明者の調査など、幅広い業務を行なってくれます。

もし浮気調査で探偵を探しているときは、『総合探偵社フルスピード』がおすすめです。浮気調査の大手として経験豊富であり、弁護士とも連携をとっています。浮気が確定して裁判になった際も、スムーズな対応が期待できるでしょう。
見積りは無料で行なっています。フルスピードのホームページからできるので、気軽に連絡をしてください。

【ハライチ】でおなじみの原一探偵事務所はいじめ・高齢者の見守りも対応!

探偵と警察の関係性はよいのか

探偵と警察の間には、基本的に関わり合いはありません。仲が良いかどうかの前に、そもそも関係性自体がほぼ存在していないようです。
しかし、ネットで検索してみると分かるように、退職した警察官の一部の人は、そのあと探偵として再就職をしていることもあるようで、元警官という肩書を持つ探偵もいます。

このような人であれば、警官時代に培った経験や勘などを活かして、調査活動が行えるかもしれません。
とはいえ、探偵であれば調査方法は同じすから、依頼の際に気にするほどではないでしょう。なぜなら、探偵が調査できる範囲は、法律で定めがあるからです。

したがって、元警察の肩書で判断するよりも、「料金は明朗会計であるか」「しっかりした会社(事務所)であるか」といったポイントから、依頼するか判断することをおすすめします。

探偵が行う尾行は犯罪ではないのか!?探偵ができることとは?

探偵の調査現場は警察に通報されるのか

ところで、探偵が尾行途中に調査対象者に気づかれ通報されてしまったら、どうなってしまうのでしょうか?あるいは近所の人に気づかれて通報されることもあります。尾行調査などは、一歩間違えれば「ストーカー」と間違われ逮捕されてしまうのではないかといった声もあります。

しかしもし調査途中に通報や職務質問されたとしても、違法行為がない限り逮捕されることはまずないでしょう。探偵事務所は営業するにあたって、警察に届出をしています。身分を明かし「依頼による調査中である」ことが証明できれば、逮捕されることはないのです。

そもそも探偵として通報や職務質問をされることは、調査の失敗につながることにもなり兼ねません。調査能力の秀でた探偵であれば、気づかれることなく調査を行うでしょうから。、安心して業務を依頼しましょう。

探偵にとってゴミ漁り(ガーボロジー)は情報の宝の山!

まとめ

探偵と警察の違い、お分かりいただけたでしょうか。

探偵は身元調査などの民事事件、警察は殺人などの刑事事件と、住み分けをされています。
みなさんも調査を依頼するときは、内容によって探偵と警察に依頼を出してください。