• 火. 7月 23rd, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

いじめの加害者に罪悪感はあるの?親の責任はどうなる?

3月 9, 2018

[char no=”3″ char=”相談者”]子供がいじめにあっているかもしれません。。探偵に調べてもらえるのでしょうか?[/char]

いじめは、単なる「いじめ」では済まされないケースも増え、親の責任も重くなりました。いじめ防止対策推進法ができ、自分の子供がいじめをしないようにする責任が、親にはあるからです。自分の子供がいじめをしている場合にどうすればいいのか、加害者の親が認めない場合や、被害者はどうすればいいかを解説していきます。

子供がいじめの加害者に?親がする対応は?

学校から突然、「あなたのお子さんが他の生徒をいじめている」と聞いてしまうと、ただただ驚いてしまう人も多いでしょう。自分の子供が加害者になった場合、親が取るべき対応は何かを見ていきましょう。

 

いじめの加害者であることを確認する

「子供がクラスの子をいじめている」と学校から連絡があったら、「うちの子に限って」「うちの子がするはずがない」と思い込むことは一番危険な行為です。もしかしたら違うかもしれないと思っていても、本人には必ず事実を確認すべきです。

本人への確認の仕方も、「違うとは思うけど」などいう聞き方はせず、「いじめているというのは本当なのか」「なぜするのか」ということを冷静に聞きましょう。親子の信頼関係がきちんとできているのなら、子供も正直に話してくれる場合が多いようです。

もし、本当にいじめていたとしても、頭ごなしにしかるだけではなく、なぜそういうことになったのかという経緯をじっくり確認しておきましょう。また、自分が同じことをされたどう思うかなど、相手の立場に立って考えさせるようにして、二度と同じ過ちをしないという約束をさせることが大切です。

 

被害者に誠意を持って謝罪をする

本当に自分の子供がいじめを行っていたと本人にも確認ができた場合は、速やかにいじめていた被害者の生徒の家に謝罪に行きましょう。なぜいじめていたのか、きっかけは何かなどを相手の親にも説明をし、誠心誠意の謝罪をすれば、相手方にも伝わるはずです。また、子供も一緒に連れて行き、親が頭を下げる姿を見せることで、自分がしたことの重大さなどを改めて感じるきっかけとなるはずです。

なお、中には謝罪のときに憤慨をされて、頭ごなしに怒られることもあるでしょう。しかし、そのような場合であっても、いじめたことは事実である場合は、謝り続けることが大事になります。その姿は、いじめをした子供にもしっかりと見せるようにしましょう。

加害者に罪悪感はない?忘れる人もいる?

いじめていた人は忘れても、いじめられた人は一生忘れられないといいます。いじめの加害者の中には、ひどいいじめをしていたことを覚えていて、大人になってからも忘れられずにいる人と、いじめをしていたことすら全く覚えていない人がいます。

いじめの加害者であった人が、社会に出て自分が職場でいじめにあってから自分がしたことの重大さを知ったという人、自分が親になって初めていじめのひどさに気付いた人など、大人になってから自分のしていたことを反省する人もいます。

しかし、中には自分がいじめをしていたことすら、さっぱり忘れてしまっている人もいます。なぜ忘れることができるのかというと、いじめていた当時、罪悪感がなかったからだということでしょう。いじめをしていたにもかかわらず、そのことに罪悪感を持たないということは、当時の学校や親などから悪いことだと注意もされなかったのでしょう。

いじめに罪悪感を持たないまま成長するのは危険です。せめて親だけでも、子供のころからいじめの善悪について指導しなければならないでしょう。

加害者の親が認めない?探偵に依頼して証拠を提示しよう!

いじめを認めない加害者の親もいる?

いじめ加害者の親には、いじめの被害者に謝罪すらしないという人もいます。学校側も、いじめの被害者と、加害者の親が話合いをしないようにさせる場合もあるようです。教育の現場が、加害者側の生徒の将来を心配するなどの配慮をしすぎると、いじめの根本的な解決にはならないこともあるでしょう。

特に、自分の子供がいじめの加害者であることを認めない親である場合、話合いは平行線になってしまいます。いじめの加害者も、反省する必要がないと考えてしまうでしょう。これでは、どこに行ってもいじめを繰り返す子供にもなりかねません。

 

学校が動かない場合は探偵を利用しよう!

いじめの中でも、ひどい暴力や、多額の金銭を要求されるような悪質ないじめの場合は、警察に相談するとともに、探偵を使っていじめの証拠を手に入れることも可能です。特に、いじめを認めない加害者の親の場合は、はっきりとした証拠を提示することで、認めざるおえなくなるでしょう。

また、学校や教育委員会に相談しても、動かない場合や、進展がない場合も探偵を利用した証拠の提示は有効に機能します。大手探偵事務所の原一探偵事務所では、いじめの調査として「子供の見守り調査」に力をいれています。調査実績40年以上のプロが、子供の素行調査、行動調査などで、学校外での友人、知人などとの人間関係を調査します。

もちろんプロですので、子供にばれる心配はありません。学校が頼りにならない、相手の親がいじめを認めないなどといったトラブル時には、探偵を利用することをおすすめします。また、探偵事務所は弁護士とも提携していますので、アフターフォローもしっかりとしています。いじめで困ったときには、原一探偵事務所などに相談をしてみることもいいでしょう。

[cc id=1411]

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・子供がいじめの加害者になった場合は、速やかに謝罪をする
・いじめをしたことを忘れている人もいる
・学校や加害者の親がいじめを認めない場合は探偵を雇う[/char]

いじめの解決は、できることなら当事者だけで解決できればいいのですが、いじめを認めない親や学校が動いてくれない場合は、いじめの被害者は泣き寝入りをするしかなくなってしまいます。そのような場合は、探偵を利用して子供の行動を調査し、いじめの証拠がつかめた場合は学校も動いてくれるはずです。

もし、裁判になるようなことがあっても、証拠があれば有利になりますので、いじめの解決に探偵を利用することも手段のひとつとしておすすめします。