• 木. 5月 23rd, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

探偵を離婚の証拠に活用!プロが暴くパートナーの不貞

3月 27, 2017
旦那さんや奥さんの浮気を疑ったら、探偵に依頼するといいの?

相手の浮気で離婚を考えている人は裁判を有利にするために、探偵に調査依頼するのが得策です。それは、「夫の携帯に怪しげなメールがある」「誰かから送られた浮気相手との決定的な写真付きメール」も裁判では証拠にならないことがあるためです。このような行為は逆に訴えられる可能性もありますので注意をしましょう。

探偵に浮気調査を頼む利点

もしかして浮気かも?不倫の証拠は?

パートナーの浮気に気付いたとき、傷心したり、怒りに駆られたり等、冷静でいられる人は少ないと思います。何とか相手を懲らしめるために、証拠を見つけて突き付けてやりたいと思うでしょう。
しかし、ここは冷静に確固たる証拠を手に入れ、切り札として隠しておくのが得策です。なぜなら、怪しげなメールも写真も、「ふざけていただけ」といったように何とでも言い訳ができてしまうからです。

更にこのことがきっかけで不信感を抱いたまま生活していくうちに、夫婦間がうまくいかなくなったとしたら、家庭不和の原因は浮気をした本人ではなく、こちらにあるなどということになってしまうことにもなりかねません。余計に悔しい思いをする可能性もあります。

浮気と不倫の違いはなに?どちらも慰謝料を請求できるの?

確実な証拠を手に入れるために探偵に依頼しよう

パートナーの浮気現場の証拠を自分でつかもうと試みても、なかなかうまくいかないかもしれません。尾行するには細心の注意が必要となるでしょう。もし尾行中に相手に気づかれてしまったら、警戒心が強くなり、浮気現場を押さえることがますます困難になってしまいます。その後に探偵にお願いしたころで、費用がかかったわりに証拠が手に入らないということにもなりかねません。

携帯から異性と会っている証拠となるやり取りを発見しても、実際に離婚の裁判で使える証拠にはならないどころか、携帯のブロックを解除して手に入れた証拠はプライバシーの侵害となります。

このようなリスクを避けるため、探偵に浮気調査を依頼した方が得策といえます。また、確実に浮気の証拠をつかむためにも、プロの手を借りることが確実であり、裁判になったときにも有利に事を運ぶことができる利点があります。

【ハライチ】でおなじみの原一探偵事務所はいじめ・高齢者の見守りも対応!

離婚裁判で証拠として認められるものは?

写真や動画、電子メール・LINEのやり取りなど

裁判で認められる不貞行為の証拠は、浮気相手との性交渉が確認、又は推認できるものになります。

ラブホテルに出入りしている写真や動画などがありますが、しかし一度の不貞行為の分だけでは足りません。最低でも同じ相手と2回以上の写真や動画が必要となります。キスや腕を組んで歩く写真では不十分です。

また電子メールやLINEでのやり取りも、具体的な性行為についての内容が書かれていたり、あるいはそういった関係が推測できるような文面が必要となります。「今夜8時に…」などのやり取りでは証拠として認められません。

探偵は携帯電話の番号で居場所が分かる?個人情報特定の実態とは

客観的に証明できるもの

その他浮気の証拠として考えられるのは、浮気相手との宿泊の領収書や贈物の領収書、手紙などがあります。これらの書類は、見つけ次第コピーをとっておきましょう。

浮気相手が既婚者と知りながら不貞行為を続けていれば、相手の異性に慰謝料を請求することもできます。「奥さんにばれてない?」などのやり取りが証拠です。

離婚の裁判で有利になるその他の証拠として、相手からの暴言があるメールや手紙なども有効です。逆に自分が送った暴言などがあると不利になるので気をつけましょう。もし暴力を受けたときは傷を写真で残しておくことも必要です。

しっかりと慰謝料、財産分与、親権、養育費を請求するためにもプロの力を活用するのが賢い選択になります。

彼女の浮気を調査する!セルフチェックと証拠集めの方法とは?

信頼できる探偵社選びと低予算で収める方法

探偵にお願いしようと思っても、知り合いに探偵がいますという人は少ないのではないでしょうか。とても親切で、離婚後のことも考えてくれる探偵社もあれば、法外な報酬を要求する悪徳な探偵社も実際にいます。

失敗しない探偵社選びは、できるだけ会社設立から年数がたっていた方が無難ではないでしょうか。弁護士と連携し、専門の離婚カウンセラーがいる探偵社もあり、寄り添ってケアしてくれます。

とはいえ、浮気調査はそれなりにコストがかかります。浮気の現場がなかなか押さえられなければ、場合によっては延長料金がかかってくるでしょう。
その他にも移動交通費、追跡用の車・バイク代 裁判資料作成費、特殊機材費などそれぞれの探偵社により追加料金が異なります。追加料金の一覧があれば事前にメールなどで送ってもらい保存しましょう。

大体の浮気をしていると思われる、時間帯や場所が分かれば調査費用も抑えられるようです。できれば事前に、浮気をしていると思われる時間帯や携帯のGPSなどで場所を検索するのも、調査費用を抑えられる手助けになります。(スマホのアプリで無料のものがあります。)

参考サイト
一般社団法人 東京都調査業協会(2017年3月、著者調べ)

探偵に依頼、調査できることとは?相談する前に知っておきたいポイント

まとめ

パートナーの浮気を疑ったら、確実な証拠を見つけておくことも重要ですが、すぐに相手に突き付けたりせず、切り札として最後までとっておきましょう。
浮気調査を依頼する探偵社選びは実績と信頼を重視し、あらかじめ追加料金などについてもチェックしておくと、後々トラブルにならずに安心できます。

復縁を望むか離婚を選択するのか、どちらにしても事実を明らかにし、前へ進む手掛かりをつかみましょう。