• 2024-02-24

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

結婚する前に確認すること7選!離婚を避けたいあなたへ

2018- 04- 18

[char no=”14″ char=”相談者”]結婚前に確認しておくとよいことはなんですか?[/char]

結婚という人生の大きな分岐点を前にすると、結婚相手との将来を考えて不安になることも多いですよね。

結婚後に「こんなはずじゃなかった!」ということにならないために、結婚する前にできることを紹介します。
これから結婚を考えている人は参考にしてみてください。

結婚前に確認しておきたい7つのこと


結婚相手のことをどの程度知っているのかは、お付き合いをした期間によっても違ってくると思います。

こんな人だったなんて知らなかった!
結婚前に知っていたら結婚しなかった!

このようなことも現実では多々あるようです。
なぜこのようなことになるのでしょうか?

その理由は、結婚前に深く相手のことを知っておかなかったことが原因であることが多いです。
結婚前に結婚相手とよく話し合い、確認をしておくことで「離婚」という最悪の結果を避けられるかもしれません。

結婚前に確認しておくべきこと7つを順番に確認していきましょう。

貯金をしているかどうか

結婚後には夫婦関係も大切ですが、「お金」の問題は常につきまといます。
特に独身時代にぜいたくばかりしていた人が、結婚後も同じように浪費していると生活が破たんしてしまいます。

ある程度の貯金をしているかどうか、またギャンブル癖などがないか結婚前に確認しておかないと、結婚後に「お金がない!」という現実に悩むことになるでしょう。

子供に関してどう考えているのか

結婚したらとても重要なのが「子供」のことです。
子供に対する考え方は本当に人それぞれです。
自分がどう思っているのか、相手がどう考えているのかを結婚前に確認しておきましょう。

子供がどうしても欲しい」と考えているなら、結婚前に相手に伝えておくこと、また逆に「子供はあまり・・」という考えである場合も、結婚前に伝えておかなければ結婚後にもめる大きな原因となりかねません。

家族・親族の面倒を見るのか

両親との関係は、結婚後に問題となることが多いポイントです。

特に親との同居に関することも結婚する前に必ず確認しておく必要があります。

他人との生活はパートナーにとって苦痛になってしまうこともあるため、将来的に同居を考えている場合は、結婚前に確認をしておく必要があります。

また両親だけでなく兄弟関係も重要です。
特に普段から金銭面などを助けている兄弟がいる場合、結婚相手に事前に伝えておかなければ結婚後にもめる原因となります。

マザコンではないか

特に男性に多いのが、母親に頼りすぎる「マザコン」と呼ばれるような人です。
マザコンの男性は結婚後にもめることが多く、離婚の原因になることもあります。

特に男性側の母親の過剰な干渉や妻への不満を口に出すことが多いと、結婚生活はうまくいかないことが多いです。

男性がマザコンかどうかは付き合っている間には分かりにくいため、結婚前に相手の家族と頻繁に顔を合わせておくなど、チェックする時間を持つようにしましょう。

家事の分担は?協力し合えるのか

結婚すると大きな負担になるのが「家事」です。
家事がどの程度負担になるのかは、実家にいる人では分かりにくいことが多いです。

特に女性への負担が大きく、仕事をしている女性にとってはかなりきついものとなります。

仕事して帰宅してから料理を作って、洗濯をたたんで、食器を洗って・・・。
気づいたらもう寝る時間!ということが日常となります。

しかし、夫は食事のあとテレビをのんびり見ている、寝転んでスマホをいじっている、という光景を見るとイライラするという女性の声も聞かれます。

私も仕事をしているのに家事の負担が増えてつらい・・
なぜ結婚後は私だけこんなにしんどいの?

そのような不満を口にする女性の声が聞こえてくるようです。
そのため、結婚後は一部でも夫側も家事を負担してあげると夫婦生活がうまくいくのではないでしょうか。

特に子供ができてしまうとさらに女性側の負担が増えるため、できれば結婚前に家事についての考えをよく話し合っておきましょう

仕事で転勤や海外赴任があるのか

結婚してから家を買うという人も多いと思います。
しかし、海外赴任や転勤があると、家を買ったのにまた転勤先で家を借りなければならないということにもなります。

さらに子供ができてから夫が単身赴任をしていると、妻側の負担が大きくなってしまいます。
また、子供が小学生などの場合は夫についていくことで転校しなければならないことも多いです。

男性側の仕事は転勤が多い、海外赴任があるという場合は、家を買うのかどうか、子供はどうするのかなど事前によく話し合いをしておく必要があるでしょう。

借金があるかどうか

結婚後に相手の借金が発覚した」という話をよく耳にします。
結婚前にはなかなか自分の借金のことを伝えづらく、結婚してから「実は・・」となる人が多いようです。

どの程度の借金かにもよりますが、100万円単位での高額の借金が結婚後に発覚すると大問題になります。
結婚相手の借金は分かりにくいですが、結婚前によく確認をしておくこと、もしあるなら先に言って欲しいことをよく話し合いをしましょう。

 

結婚する前に悩む3つのこと

結婚を決めると、相手のことや結婚後のことなど、悩みごとが増えます。
特に結婚後の生活については大きなポイントとなるでしょう。

結婚前に悩むことが多いポイント3つについて順番にみていきましょう。

結婚前に同棲する?

お互いに実家に暮らしている、相手だけが一人暮らしをしているなどの場合、結婚してからどのような生活になるのか想像できない人も多いでしょう。

結婚前には同棲したほうがいい
という話もよく聞きます。

というのも、一緒に暮らさなければ気づかない相手の生活態度や癖などが同棲すると分かるという場合が多いからです。

しかし、同棲しているカップルは結婚に対する決断が遅くなりがちです。
というのも、そのままの生活で安定してしまって、あえて結婚する意味がないと考えてしまう男性が多いのです。

また、同棲することで結婚前から友達付き合いがしにくくなるなどのデメリットも多いため、同棲は慎重に行いましょう

結婚前に家を購入するべき?

結婚を考えているカップルの中には、結婚前にマイホームを購入する人もいます。
どうせ結婚後に購入するなら、早めの購入がいいと考えることはおかしいことではありません。

確かに将来的に必ず家を購入するなら、賃貸などに住まずに最初からマイホームに住む方が合理的です。賃貸で借りてしまうと余計な出費が増えます。

また住宅ローンは早めに組んだ方が早く完済しやすいですし、若い年齢で払い始めておくと定年後の返済に困るというリスクも減ります

しかし、結婚前に住宅を購入することにはデメリットもあります。

一番大きなものは「結婚にいたらなかった」場合です。
何らかのことが原因で結婚が白紙になった、別れてしまったという場合には、その家がどうなるのかという問題が残ります。

また、もし別れずに結婚できたとしても、返済能力が低い状態で住宅ローンを組んでも苦労することが多いです。
場合によっては、新婚から返済に苦しむ生活に悩まされる可能性もあります。

結婚前に住宅を購入する場合は、頭金が用意できるのか、毎月の返済額はいくらになるのか、妻は働くのかなどよく相談してから購入することをおすすめします。

結婚前に仕事を辞めるべき?

結婚してからも夫婦共働きの家庭は増えています。
しかし、結婚してからは家事がなれるまで仕事がつらいと考える女性も多いです。

そのため、結婚を機に仕事を辞めるという人もいますが、その選択にはメリットもデメリットもあります。

まず、結婚前に仕事を辞めるメリットは、新婚生活をゆっくり楽しめることです。
仕事をしていると想像以上に女性には負担が増えます。

その点、仕事をせずに家にいることで、毎日の料理も時間がかかるようなメニューでも余裕をもって作れますし、掃除や洗濯などもゆっくりこなすことができます。

一方で仕事を辞めてしまうと「収入が減る」という大きなデメリットが発生します。

結婚してから旦那さんからもらう生活費だけで生活できるならいいでしょう。
しかし、自分のお小遣いまであるでしょうか?

もし自分の洋服代や友達とのランチ代、化粧品代が旦那さんの生活費から出せないようなら、仕事を辞めると途端に困ってしまうことになります。

結婚前に仕事を辞めることにはこのようなデメリットがあります。
もし仕事を辞めるなら、結婚してからどのぐらい毎月お金がかかるか把握してからでもいいかもしれません。

結婚前に話すべき「お金」の話

結婚前に話し合いをすべきことの中でも重要なのが「お金」の話です。
付き合っているときには、二人の性格が合うか、趣味が合うかなどが重要な要素でした。

しかし、結婚すると夫婦だけの問題ではなく、マイホームの購入や子供の養育費、親の介護費用、老後の生活など、考えなければならないことは山のように増えます。

結婚してからは「お金」の問題は絶対に避けて通れません
結婚前に二人のお金のことを十分に把握しておきましょう。

結婚相手の収入を知っていますか?

付き合っている時に、相手の収入がいくらなのか知っているという人は少ないかもしれません。
しかし、結婚後には知らないという訳にはいきません。

結婚相手の収入を知らなければ毎月の生活費の管理もできません
また、結婚後に収入を知って、あまりの低さに愕然とするかもしれません。

こんなに収入が低いなら結婚をやめておけばよかった

そのような後悔などしないために、結婚前に結婚相手の収入と自分の収入をお互いに知らせて、結婚してもやっていけるのかよく話し合いをしておきましょう。

結婚後の家計の管理は誰がする?

結婚してからの家計を誰が管理するのかというのも、結婚前に考えるべき重要な項目です。

もし妻が管理するなら、夫の収入をすべて自分で把握して、光熱費や家賃(マイホームならローンの返済額)、食費や雑費、お互いのお小遣いなど、すべて管理しなければなりません。

夫が管理する場合は、妻に食費や雑費などの生活費を渡してやりくりしてもらいます。
残りの光熱費やローンの返済などは夫がすべて管理する必要があります。

妻か夫のどちらが管理すべきかというのは、その夫婦によっても違ってきます。
お金の管理がしっかりできる方が、家計の管理をすべきです。

もしお金にルーズな上に家計の管理を妻にさせてくれない夫の場合は、結婚後の生活が破たんする可能性があるため、そのような男性には注意が必要です。

将来設計について

結婚は順調に行けば何十年と一緒に生活していくものです。
今が楽しいというだけではなく、将来のことも考えなければなりません。

主に考えるべきなのは「住む家のこと」「子供のこと」「自分の親のこと」などです。

特にマイホームの購入時には将来設計をしっかりたてていなければ、ローンの返済に苦労することになります。
また親の面倒は誰がみるのか子供をつくるのかなどの話し合いも必要です。

男性は、このような「面倒な話」をじっくりするのが苦手な人が多いです。
女性側から積極的に話し合いをしなければ、結婚してから「話が違う」ということになりかねません
男性が渋っても、重要な将来の話はゆっくり話し合いをすることをおすすめします。

結婚後に後悔?結婚前にしておけばよかったこと6つ

結婚したら高級ランチもディナーも行けなくなった!
子供が小さいと海外どころか国内旅行も難しい・・・
結婚後の生活に思った以上にお金がかかる・・・

このような結婚後につきつけられる現実を前にして、落ち込む人も少なくありません。

「結婚前に色々しておけばよかった・・・」
そんなことを思う既婚者も多いようです。

そこで、結婚前にしておくべきことを6つ紹介していきましょう。

友達とランチやディナーを楽しむ

結婚すると自由になるお金が減ります
今までは高級ランチやディナーに行っていた人でも、なかなかおしゃれなランチなどする機会が減ります。

特に女性は、子供ができてしまうと一人で外出が難しくなり、子供が大きくなって手が離れるまでの長い期間、高級ディナーなどには行きにくくなります。

行ってみたいレストランや食べたいものがあれば、独身の間にたくさん満喫しておきましょう

自分にご褒美をする

結婚後には、配偶者の目が気になってぜいたくをしにくくなります。
特に子供ができてしまうと自分に投資することができなくなり、子供のものばかり買ってしまう日々が続きます。

自分にご褒美ができるのは独身の間だけの特権です。
エステやブランド品など、独身の間に色々なぜいたくをしておきましょう。

海外旅行に行く

結婚して子供ができると、旅行に行くことにも一苦労です。

夫婦二人であればまだ旅行に行きやすいですが、子供が増えるとその分旅費が増え、子供が小さい間は自分たちが行きたいところよりも子供が優先になります。
特に海外旅行などにはめったに行くことはできないでしょう。

海外が好きだという人は、結婚して子供ができる前にたくさん行くことをおすすめします。

習いごとをする

結婚後も習い事はできそうに思いますが、やはり結婚後は金銭面でも余裕がなくなることが多いです。
一度はやってみたいと思う習い事があれば、独身の間に体験しておきましょう

また、料理教室などは結婚前に行っておくと結婚してから役立つことも多いです。
特に普段まったく料理をしないという人は、料理教室で基本を学んでおくと結婚後に助かるのではないでしょうか。

親孝行をする

結婚してからも親孝行はできますが、やはり子供が1人、2人と増えて手がかかるようになると、親のことは後回しで子供のことが最優先になってしまいます。

子供の世話に追われて、金銭面でも精神面でも余裕がなくなってゆっくりとした親孝行ができなくなるので、結婚前に親と旅行や食事などに行っておくことも大切です。

貯金をする

結婚前に色々とぜいたくをすることをおすすめしてきましたが、結婚後にはお金がとても大切です。

独身時代に旅行やぜいたくをしておくことも良いですが「貯金がほとんど残っていない!」ということにならないようにしなければなりません。

結婚して子供ができると想像以上にお金がかかります
貯金がない状態だと、いざ急な出費があるときにとても困ることになります。

ある程度の貯金をしておいて、余裕があれば旅行や食事など楽しむようにしましょう。

 

結婚前に違和感を感じたら?こんな彼は危ない!

付き合っている時にはあまり深く考えなくても、結婚を考えた時には結婚相手のことをよく知っておかなければなりません。
特に女性は、男性の性格や趣味などを知っておかなければ結婚後に後悔するという人も多いです。

「結婚をもう一度よく考えた方がいい」要素がある男性のタイプについて紹介します。
結婚後に後悔しないように、よく確認をしておきましょう。

ギャンブル癖がある

ギャンブルを日常的に行っている男性は多いです。
ギャンブルにはパチンコやパチスロ、競馬、競輪、ボートなどたくさんの種類があります。

特にパチンコやパチスロは手軽にできるため、彼氏がパチンコをすると知っていてもそれほど気に留めない人も多いでしょう。

しかし、パチンコ・パチスロは簡単に数万円単位で使ってしまいます
特にパチンコ癖がある人は、10万円単位で使う人も多いです。

もし彼氏がパチンコにかなりはまっている、大金を使っているという場合は、結婚を考え直したほうがいいかもしれません。

「結婚後はきっぱりやめる」と言ってくれるならいいですが、パチンコ・パチスロ癖はなかなか治らないことを覚えておきましょう。

貯金がない

給料が入ったらとにかく全部使ってしまうというタイプの男性には要注意です。
結婚後もそのような生活をしていたら、とても生活費が足りません。

また、貯金がなければ急に家電が壊れた、冠婚葬祭があるなどの時に対応できません。
男性に貯金がなければ、自動的に女性側に負担がきます

できれば貯金もできない男性との結婚は、よく考える必要があります。

付き合っている間に叩かれたことがある

付き合っている時からDV癖があるという男性もいますが、中には結婚してからDVが始まったという場合もあります。

DV癖は突然あらわれるものではなく、何らかの行動で付き合っている時にもあらわれていることが多いです。

もし一度でも叩かれたことがある、軽く蹴られたことがある、などといった場合には、結婚後にひどくなる可能性があります

また、DV夫にはお酒を飲んだら豹変するというタイプの男性も多いです。
お酒を飲んだ時にどうなるのか、友達の評判などもよく確認しておくようにしましょう。

異性関係にだらしない

たばこやお酒はやめられても、異性関係がだらしない人は永遠に治りません

「浮気をされても自分のところにもどってくればいい」
そのような寛容な考えの人なら問題ないでしょう。

しかし、浮気は許せないという人であれば、日常的に異性と連絡を取っているような人と結婚するのはやめた方がいいでしょう。

もし結婚相手が浮気しているかどうしても知りたいという場合は、探偵に調査を依頼するという方法もあります。
費用は高いですが、結婚相手の浮気癖だけでなく、ギャンブル癖や思わぬ趣味などを知ることができるかもしれません。

離婚歴が多い

結婚相手がすでにバツイチであっても、それだけを理由にして結婚を辞めた方がいいとも言い切れません。

しかしバツ2、バツ3となると、何か本人に原因があるのではないかと考えた方がいいでしょう。

浮気かギャンブルかDVか、借金があるかもしれません。
とにかく、離婚歴が多い人には何かあると考えて、結婚は慎重にすることをおすすめします。

結婚相手に不安を感じたら?身辺調査を依頼しよう

結婚を意識しているパートナーに関しては身辺調査をしておくとより安心します。
人によっては離婚歴を隠している場合や、浮気癖があるという人もいるため、結婚相手に不安を感じたら身辺調査をおすすめします。

結婚前の身辺調査は興信所や探偵事務所に依頼しよう

結婚前の身辺調査を自分で行ってしまうと相手にばれる可能性があります。
もしばれてしまうと、相手から不信感を持たれてしまうことになります。

そんな事態を避けるためにおすすめなのが探偵事務所です。
探偵事務所は人の情報を調べることに長けているので、相手が隠していることもしっかり調査することが出来ます。

結婚相手の職場や交友関係、異性関係、ギャンブル癖や趣味などから、相手の親や兄弟などまで調べることが可能です。

結婚相手に何か違和感を感じたら、探偵に依頼することをかおすすめします。

結婚前調査の費用相場は?

探偵に結婚したい相手の身辺調査を依頼する場合、一般的な調査内容は結婚相手の職業、職場環境、人間関係、異性関係、プライベートの趣味などといったことでしょう。
このようなことは探偵の得意とする尾行や張り込みで簡単に調査することが可能です。

一般的に結婚相手のことをトータルで調査する場合は、30万円以上かかります

調査日数が多くなると費用も高くなってしまうため、事前に分かっている職場の情報などは事前に知らせておくと少ない日数で調査を終わらせることができます。

もし、調査する範囲が結婚相手の親や親戚などまで及ぶ場合は、さらに高額な費用が発生する場合もあります。

費用が発生しても問題ないという人はいいですが、あまり高額になると困るという人もいるでしょう。そのため、探偵事務所とは事前にどのような調査を行うのか、どの範囲まで行うのかを相談しておくことが大切です。

 

探偵ができない調査もある

探偵には探偵業法というものがあります。探偵業法で禁止されていることを探偵は行うことができません。探偵が行うことが禁止されていることに、差別調査を行ってはいけないというものがあります。

例えば、調査対象者の出身地や国籍などは差別調査につながるため調査することができないため注意が必要です。

[cc id=1411]

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・結婚前に確認しておかなければならないことは多い
・結婚後のお金の話は結婚前によく話し合いをしておく必要がある
・探偵事務所などを利用して結婚する前に相手の素性を知っておくと安心[/char]

結婚相手の身辺調査は安定した結婚生活を送るために必要ですが、費用は高額なのでよく考えて利用しましょう。