• 日. 4月 14th, 2024

おたすけ探偵

探偵に依頼しようかと悩んでいる人に、探偵事務所情報をはじめ、関連情報を発信しています。

探偵は銀行口座の調査が可能なのか? 悪徳探偵に騙されるな!

12月 5, 2017 #財産調査, #銀行口座

[char no=”12″ char=”相談者”]知り合いの財産状況について調べたいんですが、探偵に依頼したら調べてもらえますか?[/char]
探偵は様々な調査を行いますが、どんな仕事でも引き受けられるわけではありません。たとえ探偵であっても法律の範囲外での調査を行えば、違法になってしまいます。では、個人情報である銀行口座を探偵が調べることは、不可能なのでしょうか。今回は探偵が銀行口座を調査することができるのかを説明していきます。

銀行口座調査を行うのは違法なのか

銀行口座の調査を依頼する理由はいろいろありますが、相手の資産状況を知ることで離婚する場合に慰謝料を請求しやすくすることや、返済に応じない相手の銀行口座を差し押さえる場合などに役立ちます。

しかし銀行口座は個人情報のひとつであるため、それを調べることが違法でないのかという疑問が出てきます。探偵が銀行口座を調査することは法律違反になってしまうのか見ていきましょう。

銀行口座の調査は違法にはならない

銀行口座や預金の調査を行うこと自体は違法ではありません。例えば遺産相続のための財産調査や法人の資産調査など、相手の資産を調べる必要がある場合には行われる調査だと考えられているからです。

しかし探偵には預金資産などを調査する権限がないため、金融機関に申し出たとしても、守秘義務を守る金融機関から情報を聞き出すことができません。例えば、本人や代理人などになりすまして書類を偽造したり、本人だと偽って銀行に電話をかけたりすればそれは違法行為となります。

ただ取り扱う内容が個人情報であるため、もし調査を行うところがあれば法律違反をしているところがほとんどでしょう。
また、調査を依頼することは違法ではありませんが、調査結果を材料に脅迫を行った場合は依頼人も罪に問われることになります。

なぜ法律違反の可能性が強いのか

 

探偵が預金口座の調査をするのは、違法になる可能性が強いと話をしました。金融機関から情報を聞き出す権限がないため、金融機関に照会をしても教えてもらえません。教えてもらえないものを聞き出すとなると、何らかの違法行為を用いないと金融機関から情報を得ることができないでしょう。

このような資産調査は、探偵ではなく弁護士の業務範囲になっていますので覚えておきましょう。

しかし弁護士と探偵が提携していることもありますので、探偵経由で弁護士が調べられるのではないかとも思う人もいるかもしれません。しかし、この行為は個人情報保護法に抵触しますので、やはり探偵が情報を引き出すことはできないのです。

またインターネット上では、預金財産を調べるという探偵もいます。しかしそのような探偵に調査を依頼すると、依頼者も罰せられる可能性がありますので注意をしましょう。なお、もし調査報告書が来たとしても、その内容には信ぴょう性がなく嘘の情報が記載されている可能性もあります。したがって、財産調査をしたいのなら弁護士に直接お願いするといいでしょう。

銀行口座の調査方法

探偵が銀行口座調査を行うことができないことが分かりました。代わりに弁護士に頼むと調べることができることも分かりましたが、それでは弁護士であれば財産の全ての事例において、調査をしてくれるのかという問題があります。

実は弁護士でも預金調査ができないことがあります。単に相手の預金調査をしたいだけであれば、金融機関は弁護士といえども預金調査には応じません。財産を調べなければならない正当な理由があって、初めて弁護士でも調査をすることが可能となるため、例えば財産の処分や、裁判で必要である場合は、仕方なく金融機関では教えてくれます。

単に相手の財産を把握したいという理由では、いくら弁護士でも調べる方法はありませんので注意してください。

 

なぜ探偵は調査ができないのか

探偵ができる業務には限りがあります。その範囲は探偵業法に定めがあり、「尾行」「張り込み」「聞き込み」しかできないことになっています。この調査方法で分かることといえば、どこの銀行を利用しているかぐらいでしょう。

つまり法律で認められている探偵の調査方法では、銀行の預金口座についての詳しい内容を知ることはできないということが分かります。

あくまでも銀行の預金口座を調べるには、法的な手続きが必要であり、しかもその理由が相当なものでなければいけません。したがって、探偵にはそのような業務を行う権限はありませんので、預金口座については調査ができないことになっています。

違法な探偵業者には手を出さない

ここまで話をしてきたように、探偵事務所には預金口座の調査権限がないことが分かりました。
しかし、インターネットでは「財産調査をします」というような、探偵事務所も見受けられます。

このような探偵事務所に依頼をすると、調査結果が怪しいばかりか、利用した人も罰せられることもありますので、相談や依頼をしないようにしましょう。

財産の調査は弁護士に依頼しよう

 

相続財産や、貸したお金を返してもらえないときの財産調査は、正規なルートを考えると、弁護士に相談することになります。預金調査をしてもらう内容にもよりますが、弁護士に相談をしても応じてくれないこともありますので、何でもお願いできるわけではないことを覚えておきましょう。

銀行は守秘義務で顧客の資産情報を簡単には教えてはくれません。いくら弁護士といえども、正当な理由があり、なおかつ正式な手続きを踏んだ上での調査になります。したがって、探偵ができる業務の範囲から大きくそれていることはしっかりと覚えておきましょう。

まとめ

[char no=”1″ char=”探偵くん”]・銀行口座調査は違法の可能性が大きい
・どうしても調査をしなければいけないときには弁護士に相談
・銀行口座を調査するには銀行の協力が必要なため調査を依頼する理由に正統性が必要[/char]

銀行口座調査を依頼する場合は、探偵事務所に相談をすることはできません。調査方法に問題があれば違法になりますし、逆に犯罪に利用する目的で調査を依頼したときには、依頼した本人が罪に問われることになります。本当に必要な調査の場合は、弁護士に相談するといいでしょう。